RACE REPORT

SUPER FORMULA

ファンクラブ会員の方は、ログインすると監督、ドライバー、エンジニアのコメント、またPhotoギャラリーにて多数の写真をご覧いただけます。KONDO RACING ファンクラブ登録はこちら

第6戦 ツインリンクもてぎ

一日目 予選(10月16日・曇り~雨/ドライ~ウェット)

予選レポート

フェネストラズが復帰。待望のレギュラー体制で再出発!

10月16日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の予選が栃木・ツインリンクもてぎにおいて行われ、KONDO RACINGでは念願の来日を果たしたサッシャ・フェネストラズ選手が今シーズン初レースに挑むこととなった。第6戦にしてようやく本来のチーム体制が確立したチームは、不安定な天候に翻弄されつつも3号車の山下健太選手が奮闘、予選4位を獲得した。一方、4号車のフェネストラズ選手は久々のレース参戦に戸惑ったか、予選で思うようなパフォーマンスを発揮できず17位の結果となった。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、外国人の日本への入国が規制されており、フェネストラズ選手の再来日にも長い時間を要することになった。だが、8月のオリンピック・パラリンピック開催が終了、また日本国内ではワクチン接種が進んだことで感染者数が減少したことも追い風となり、9月末、ついに日本へと戻ってきた。なお、フェネストラズ選手は、特別措置による入国に対して尽力してくれた多くの関係各位に感謝の意を表し、また日本を離れていてもなお応援してくれるファンの気持ちに応えるべく、ベストを尽くしたいと意気込んだ。

その気持ちが形となったのか、午前9時10分から1時間30分にわたって行われたフリー走行では、早々から上位グループに名を刻んだフェネストラズ選手。開始から1時間を過ぎると1分30秒546の自己ベストタイムをマーク、この時点でトップへ。ブランクを感じさせない走りを見せ、さらに午後からの予選に向けてセットアップ作業に取り組み、最終的に5番手でセッションを終えた。一方、前回のもてぎ戦で厳しい結果に甘んじた山下選手。今大会を前に入念なミーティングを行ない、今大会に挑んでいる。セッション早々、クルマに不具合が見つかり、思いのほか作業時間を取られることになったが、着実にタイムアップを果たして1分31秒172の自己ベストタイムをマーク。ポジションこそ14番手に留まったが、セットアップを煮詰める作業を続け、予選への準備に勤しんだ。

迎えたノックアウト予選。朝から曇天模様だったサーキットは、少しずつ下り坂の天候となり、時折冷たい風に乗って霧雨が降る状態となる。午後1時35分、Q1・A組のセッションがスタート。この時点で気温20度、路面温度24度のコンディションと、前回のもてぎ戦とは状況が大きく異なる中、まずA組に山下選手が出走する。ニュータイヤでのアタックを前に、コース上では1台のクルマがクラッシュし、赤旗中断になったが、再開後にニュータイヤでのアタックを開始した山下選手は、残り3分でのワンアタックに集中して1分31秒088の好タイムをマーク。結果、トヨタエンジンユーザートップとなる4番手でQ2進出を果たした。一方、今シーズン初のノックアウト予選に挑んだフェネストラズ選手はB組で出走。しかし、天候がいっそう落ち着かず、ついに細かい霧雨が落ち始めた。不安定なコンディションの中でフェネストラズ選手は渾身のアタックを行うも、刻んだタイム_1分30秒998は9番手。残念ながらQ2進出の上位7台に残ることは叶わなかった。

迎えたQ2・A組に出走したのは7台。上位4台がQ3進出可能となる。まずスリックタイヤでコースインした山下選手だが、コース上で霧雨を確認すると、レインタイヤ装着を敢行すべくピットに舞い戻る。これが結果として奏功し、アタック2周目で1分41秒478をマーク。トップタイムでQ3進出を決めるパフォーマンスを披露した。いよいよ最後のQ3。全8台でのアタックは、山下選手にとって今シーズン初の出走となる。8台のうち7台がレインタイヤでコースインしたが、この時点の路面はスリックタイヤでのアタックは難しく、またレインタイヤでのアタックも1周が限界、という極めて困難な状況。ライバルとのタイミングを見計らい、アタックに向かった山下選手は1分37秒270をマークして3番手に着け、ピットに帰還した。だが、この時点でアタック中だった他車が山下選手のタイムを上回ったため、山下選手は4番手から明日の決勝を迎えることに。惜しくもトップ3入りは逃したものの、トヨタエンジンユーザーとしてはトップから、またシーズンベストでのスタートを迎えるだけに、なんとしても優勝を目指して奮闘したいところだ。また、フェネストラズ選手も、久々の決勝で着実な走りを見せることで、チームとして最終戦への足がかりを構築したい。

公式予選記録

Pos. No. TEAM DRIVER Q1 Q2 Q3
1 15 Red Bull MUGEN Team Goh 大津弘樹 R1’30.701 1’51.211 1’32.317
2 1 TCS NAKAJIMA RACING 山本尚貴 R1’30.421 1’41.376 1’36.847
3 16 TEAM MUGEN 野尻智紀 R1’29.757 1’41.056 1’37.141
4 3 KONDO RACING 山下健太 1’31.088 1’41.478 1’37.270
17 4 KONDO RACING サッシャ・フェネストラズ R1’30.998

参加台数:19台 出走台数:19台

二日目 決勝(10月17日・曇り~晴れ/ウェット~ドライ)

決勝レポート

波乱に次ぐ波乱。難しいレースながら、活路を見出す一戦に

シーズン終盤戦を迎えた今年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。10月17日、ツインリンクでの第6戦の決勝レースは前日から降り始めた雨の影響を受け、不安定なコンディションでの幕開けとなった。その中で、KONDO RACINGの3号車山下健太選手が4位、今季初レースを迎えた4号車サッシャ・フェネストラズ選手が17位から35周の戦いに挑んだ。レースは度重なるセーフティカーの導入などで落ち着かない展開となり、山下選手が8位、フェネストラズ選手は13位で戦いを終えている。

気まぐれな霧雨によって難しいコンディションでの予選アタックとなった今大会。そのまま本格的な雨へと変わり、決勝の朝を迎えてなお雨が残った。午前10時50分から始まった30分間のフリー走行では、コースコンディションに合わせたセッティングで周回を重ねつつ、その一方で、午後に向けて回復傾向にある天候を意識したセットアップを行うなど、慌ただしく時間が流れた。その中で、セッション開始から11分、さらに残り時間およそ10分の時点でそれぞれS字カーブにできた川に乗った形でコースアウト、グラベルに止まったクルマを回収するために赤旗が提示されることになったが、山下、フェネストラズ両選手は着実にメニューを消化しつつ、タイムアップにも成功。山下選手は1回目の赤旗直前に暫定トップに立ち、またフェネストラズ選手はチェッカーが出されたタイミングでタイム更新を果たしてトップへ。結果、KONDO RACINGがワン・ツーに立つ形でセッションが終了している。

その後、空模様は緩やかに回復。もてぎ上空もやや明るさを取り戻したが、依然としてコース上はウェットの状態。決勝直前の8分間のウォームアップ走行ではウェットタイヤで出走し、このままレースを迎える。気温14度、路面温度17度と前日より数値が下がる中、セカンドローからスタートを切った山下選手は、3コーナーで背後の39号車に先行されるも、5コーナーで39号車と16号車のバトルをかいくぐって3番手へとポジションアップに成功。一方のフェネストラズ選手もスタートを決めて14番手へと浮上した。

ペース良く周回を続ける中、山下選手は再び後続の39号車とバトルになり、6周目にはその差が1秒を切る状況へ。そして8周目、オーバーテイクシステムを使った39号車に対し、3コーナーで逆転を許した。その後、山下選手は急激にペースダウン。ウェットタイヤでの走行が厳しいことから、9周終わりでピットイン。スリックタイヤへ交換した。また、13番手からペースアップすることが難しく、山下選手と同じ症状にあったフェネストラズ選手もピットに戻り、タイヤ交換を実施した。

ライバルに先んじて作業を終え、コース復帰を果たした2台。だがその翌周、不安定な路面にフェネストラズ選手がまさかのコースアウト。5コーナーでスピンを喫し、グラベルにスタックしてしまう。なんとか自力でコース復帰はしたものの、時間がかかったことでコースにはセーフティカー(SC)が導入される事態となった。コースクリアを経てレースが再開したのは13周終了時。このタイミングを利用して続々と上位陣がタイヤ交換のピットインしたため、ひと足先にピット作業を終えていた山下選手には追い風とならず、12位からの追い上げを強いられる。また、フェネストラズ選手は1周遅れの18位から挽回を目指した。

レース中盤、ともにスリックタイヤでの攻防戦でじっくりと逆転のチャンスを伺いたいところだったが、17周目の2コーナーで1台がクラッシュ、2度目のSCが導入される。その後もスリックタイヤでの追い上げにつながらないフラストレーションが影響してか、レースはなおも荒れた展開を見せる。そして20周終了時点でリスタートを迎えたが、上位グループに割って入っていた周回遅れの64号車がポジションを譲るためにスロー走行。だがこれが後続車に混乱を招くこととなり、3コーナー先で3台の車両が単独スピンや接触によって次々とクラッシュ。再びSCがコースに入った。

3度目のSCランは24周終了時点で終了。残り11周によるバトルはさらに激化。波乱続きの荒れたレースでも集中力を切らすことなく山下選手は8番手、またフェネストラズ選手が13番手で周回を重ねていく。中でも山下選手は再三にわたり前方車両に詰め寄るパフォーマンスを見せたが、もてぎは抜きどころが少なく、惜しくも逆転は叶わなず。だが、両選手とも最後まで粘りの走りを見せ、最終戦につながるいい流れの中でタフな戦いを終えている。

最終戦は2週間後。鈴鹿がその舞台となる。今大会でようやくポイント獲得を果たした山下選手、そしてスーパーフォーミュラでの参戦が叶ったフェネストラズ選手の二人による渾身のパフォーマンスに期待が集まるのは言うまでもない。

決勝結果

Pos. No. TEAM DRIVER TIME/DIFF LAPS Best Time
1 15 Red Bull MUGEN Team Goh 大津弘樹 1:09’37.200 35 1’32.570
2 39 P.MU/CERUMO・INGING 阪口晴南 1.706 35 1’32.717
3 6 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 牧野任祐 5.267 35 1’32.918
8 3 KONDO RACING 山下健太 12.707 35 1’33.434
13 4 KONDO RACING サッシャ・フェネストラズ 1Lap 34 1’33.423

参加台数:19台 出走台数:19台
規定周回数 35Laps

FASTEST LAP

No. TEAM LAPTIME
64 Toshiki Oyu / TCS NAKAJIMA RACING SF19 IMPUL 1’31.422

PHOTOギャラリー

Loading...