RACE REPORT

SUPER FORMULA

第3戦 オートポリス

一日目 予選(5月15日・雨/ウェット)

予選レポート

第3戦、雨のAP戦で思索を重ねる

早いもので開幕戦から3戦目を迎えた今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権。今回の舞台は九州・オートポリス。阿蘇山を含む雄大な大自然に抱かれた場所に位置するサーキットだが、5月15日の予選日は梅雨入りしたばかりの雨模様に見舞われ、山々の新緑を目にする機会には恵まれなかった。この日、午前中の公式練習を経て行われた公式予選は、再三に渡る赤旗中断で都度アタックチャンスに水を差す形となった。その中でKONDO RACINGは、3号車を駆る山下健太選手が10位、また開幕戦から続いて4号車で代役参戦を務める中山雄一選手はアタック中にスピンオフを喫し、赤旗中断の原因となったことからタイム抹消に。決勝は最後尾グリッドからのスタートという結果になっている。

4月にシーズンイン、富士、鈴鹿と2戦を戦い終える中、さらなる改善と進歩を求めて尽力中のKONDO RACING。エンジニアによるデータ分析はもちろん、ハード面、ソフト面あらゆる角度からの見直しを行い、オートポリス戦の準備に取り組んできた。一方、ここは特色の強いコースレイアウトを持つサーキットだけに、予選での好位置獲得がファースト・ミッションにもなる。チームでは、まず朝の公式練習からじっくりと走り込み、午後からの予選に備える予定だった。だが、予選日を迎えたサーキットはあいにくの雨。午前9時30分にスタートした時点では雨こそほとんど降っていなかったものの、路面はウェット状態であり、走り始めからウェットタイヤを装着する。1時間30分でのセッションは、まず開始10分でコース上に停止した車両による赤旗中断となり、再開後は次第に雨脚が強まってコース上のあちこちに水が浮いて川ができるなど走行が難しい状況に。結果、大半のドライバーが出走を見送ることになる。雨はその後も断続的に降り続いたが、残り時間30分あたりからは連続走行ができるようになったため、各車最終確認のためにコースへと向かっていく。その中で、山下選手は1分40秒259のタイムで12番手、また中山選手は1分40秒775のタイムで15番手につけてセッションを終えた。

午後2時50分にスタート予定だった公式予選。だが、サポートレースのスケジュールの遅延で午後3時10分へと変更される。また、天候の悪化を懸念し、予選方式の変更が朝の時点で発表されており、通常のノックアウト方式から40分間の計時方式にて実施された。ところが、開始直前から雨脚が強まったり、霧が立ち込めるなど不安定な状態に。その都度開始時刻が遅延され、最終的にコースイン可能となるグリーンライトが点灯したのは午後3時35分だった。伸びに伸びたセッション開始にしびれを切らしたのか、その後、セッションそのものも荒れに荒れ、4度の赤旗中断を招く波乱の展開となる。そんな中、最悪のコースコンディションでの走行を回避しようと、オープンと同時に各車一斉にピットを離れアタックへ取り掛かる。一方、ピットロード出口まで距離があるチームでは、どうしてもコースインのタイミングがライバルチームよりも出遅れてしまう。KONDO RACINGもそのひとつで、山下、中山両選手は他車が立ち上げる水煙を目一杯浴びるような形となり、クリーンエアを確保できない状態での走行を強いられた。

セッション開始からわずか5分、1台の車両が100Rでコースアウト。まず最初の赤旗が提示される。車両回収を終えて15分後にリスタート。この後、アタックをはじめていた中山選手は1分40秒284へとタイムを縮め、10番手につけていた。しかし、複合カーブへと進入した際、リアの挙動が乱れてスピン。コース上でクルマがストップする。エンジンはかかっていたが再スタートまでに思いのほか時間がかかってしまい、残念ながら赤旗が提示されてしまった。結果、中山選手はこれを持って予選セッションを終えることになった。

一方、山下選手はこの2度目の赤旗中断の時点で11番手。27分強の残り時間でさらにポジションアップを狙っていたが、セッション再開のたびに、うまくアタックのタイミングを合わせきれず苦戦していた。そんな中、3度目の赤旗を経て午後4時26分にリスタートしたセッションでは、強くなり始めた雨脚をものともせず果敢にアタック。ライバル勢も自己ベストタイムを更新中で、山下選手もまた勢いある攻めの走りにも期待がかかった。だが、折しも1台の車両が100Rでスピン、コースアウト。結果、山下選手の挑戦は水泡に帰す。これにより、自己ベストタイムが1分40秒145に留まった山下選手の予選結果は10番手となった。

明日の決勝も再び雨の予報となっているオートポリス。山下、中山両選手は天候不良の中を耐え忍び、チャンスを確実につかむことでポジションアップを狙っていくことになる。

公式予選記録

Pos. No. TEAM DRIVER lap Gap Best Time
1 36 Kuo VANTELIN TEAM TOM’S ジュリアーノ・アレジ 12/15 1’38.252
2 37 Kuo VANTELIN TEAM TOM’S 宮田莉朋 9/14 0.085 1’38.337
3 39 P.MU/CERUMO・INGING 阪口晴南 11/14 0.174 1’38.511
10 3 KONDO RACING 山下健太 9/11 0.424 1’40.145
4 KONDO RACING 中山雄一

参加台数:19台 出走台数:19台

二日目 決勝(5月16日・雨/ウェット)

決勝レポート

雨による翻弄続くオートポリス。決戦は赤旗終了

九州北部の梅雨入り2日目となる5月16日、大分・オートポリスでの第3戦決勝は、前日から続く雨、霧、そして強風に翻弄されることになった。結果、レースは13周目に赤旗中断となり、そのまま打ち切り終了。KONDO RACINGの3号車山下健太選手は11位、4号車中山雄一選手は15位の結果となった。

予選日は時折強い雨と深い霧に見舞われたサーキット。午後からのアタック中も不安定なコンディションとなり、理想とするタイミングでのアタックチャンスを構築できずに終わったKONDO RACINGにとっては、フラストレーションの溜まる一日でもあった。一方、決勝日になっても悪天候は変わらず。濃霧に加えさらに台風のような強風が吹き続けた。その中で、まず午前10時20分から30分間を予定していたフリー走行は中止となり、代わって決勝前の午後1時30分から20分間のウォームアップ走行が設けられた。だが、その後も山間部にあるサーキットには強風を伴った霧が立ち込め、ウォームアップ走行は午後2時スタートまでディレイ。ようやく走り出した各車だったが、開始7分を過ぎて1台の車両がコースアウト、赤旗中断を招いてしまった。結果、走行はこれをもって終了となり、不安要素を残す形で決勝を迎える。

ダミーグリッドに勢揃いした全19台。強い風は吹き続け、一旦止んでいた雨も再び落ち始める。その中で午後2時55分、フォーメーションラップを経てレッドシグナルが消灯、過酷な戦いが幕を開けた。スタート直後、1コーナー進入で5台の車両が接触。その背後にいた山下選手は行く手を阻まれコース外へと逃れたが、この影響で大きくポジションを落としてしまう。逆に、中山選手は混乱で前方が開いたことでポジションアップを果たした。また、この波乱を受けてコース上にはセーフティカー(SC)が出動。4周終了をもって再スタートとなったが、この際、中山選手はファイナルコーナースタンドで痛恨のコースアウト、ポジションを下げてしまう。SC明けは、山下選手が15番手、中山選手は16番手から再び追い上げを開始。中でも山下選手は前方車両と僅差のポジション争いを繰り広げ、オーバーテイクシステムを使いながら1台、また1台と逆転に成功。さらに他車のスピンもあり、10周目には12番手までポジションを戻したが、11周目走行中に突如として大粒の雨が落ち始めたために再びセーフティカーがコースイン。すると、コース上の安全を最優先してか、13周目には赤旗が提示されてレースが中断した。

この時点で走行を続けていた15台の車両がコース上で一列となって停止。この後、レースが再開まで暫し時間を要したが、午後4時6分には20分からSC先導による再スタートが宣言され、タイヤ交換や内圧調整の作業が可能となった。ところが午後4時15分、再びレース再開がディレイ。この間、雨は上がっていたが強い風は依然としてコース上を吹き抜け、霧も深まる状態に。結果、スタートから1時間30分強、午後4時30分に大会審議委員会がレース終了を宣言。これをもって大荒れだった第3戦の決戦は、再開が叶うことなく幕を下ろすこととなった。なお、赤旗の提示が13周走行中であったため、レギュレーションに則り、レースは11周終了時の順位によって決定。山下選手はこの時点で12位だったが、前方車両がタイム加算のペナルティで後退、代わって11位の結果となった。一方、中山選手は15位のままながら、SC中のコースアウトに対するペナルティとして結果に対し5秒加算が課せられることになった。

終始不安定だったコンディションの中、しぶとくサバイバルレースを続けたKONDO RACINGの2台。今シーズンの序盤は思わぬ空回り状態で、現時点で欲しい結果を残せていない。シーズン折り返し戦にあたる第4戦SUGO大会は、およそ1ヶ月後。この間、改めて様々な角度からの見直しを行い、入念な準備をもって次なる戦いを目指すことになる。

決勝結果

Pos. No. TEAM DRIVER TIME/DIFF LAPS Best Time
1 16 Kuo VANTELIN TEAM TOM’S ジュリアーノ・アレジ/td> 23’54.340 11 1’43.536
2 64 P.MU/CERUMO・INGING 阪口晴南 7.520 11 1’44.564
3 51 Buzz Racing with B-Max 松下信治 7.754 11 1’43.605
11 3 KONDO RACING 山下健太 38.73 11 1’45.821
15 4 KONDO RACING 中山雄一 52.31 11 1’45.798

参加台数:19台 出走台数:16台
規定周回数 30Laps

FASTEST LAP

No. TEAM LAPTIME
16 Tomoki Nojiri/MUGEN 1’43.205
Loading...