RACE REPORT

SUPER FORMULA

ファンクラブ会員の方は、ログインすると監督、ドライバー、エンジニアのコメント、またPhotoギャラリーにて多数の写真をご覧いただけます。KONDO RACING ファンクラブ登録はこちら

第5戦 ツインリンクもてぎ

一日目 予選(8月28日・晴れ/ドライ)

予選レポート

シーズン後半戦へ突入。チームは予選で苦戦

8月28日、栃木・ツインリンクもてぎにおいて、全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦が開催。この日は朝からフリー走行が、そして午後から予選が行われた。KONDO RACINGから参戦する3号車山下健太選手は10位、そして新型コロナウイルスの変異株による感染拡大が止まず、依然として来日のメドが立たないサッシャ・フェネストラズ選手に代わっての参戦となる4号車中山雄一選手は、19位から翌日の決戦に挑む。

8月中旬以降しばらく梅雨のような長雨が続き、不安定な天候が続いていた日本列島。しかしながら、もてぎ戦を迎える週には猛暑日が戻り、サーキットは早朝から極めて厳しい残暑を迎えることとなった。前大会からおよそ2ヶ月という長いインターバルを経て迎える今大会だけに、チームとしてはなんとしても上昇気流に乗って後半戦の戦いを充実させたいところだ。

まず、午前8時40分から1時間30分にわたってフリー走行が行われたが、この時点ですでに気温33度、路面温度35度まで上昇するコンディション。まず、アウトラップを済ませると、両ドライバーは持ち込みのセットアップ確認作業に入る。その後、連続周回を重ねる一方でセットアップの変更作業も進められたが、走行開始からおよそ30分が経った時点で、7周目にベストタイムをマークし、続いて走行中だった中山選手が90度コーナー先の立体交差下でスピン。この影響でセッションが赤旗中断となる。また、中山選手のクルマはフロントノーズを傷め、ピットでの修復作業が慌ただしく行われた。

一方、セッションはおよそ5分強で再開。また中盤以降はクルマのセットアップを進めるため、頻繁にピットイン−アウトするチームも多く、山下選手も定期的にピットインして微調整を重ねた。なお、中山選手も修復を済ませてフロントノーズを交換。無事にセッションへ復帰し、セットアップを進めた。セッション終盤、予選を想定したアタックシミュレーションを行った両選手。山下選手はタイム更新とはならず、序盤にマークした自己ベストタイム1分33秒806で16番手。また、中山選手はコース復帰後、11周目に刻んだ1分33秒951のタイムで19番手となった。

迎えたノックアウト予選。前回SUGO大会で導入されたQ2での組分けが今大会から正式に採用されることとなった。まず、午後2時35分、Q1予選がスタート。A組には山下選手が出走する。気温36度、路面温度43度と朝よりもさらに上昇する中、10分間のアタックセッションに挑む。アウトラップを終えて一旦ピットイン、タイヤを換えてから少し時間を置いてコースへ向かった。アウトラップを経て計測2周目にアタック、1分33秒088のタイムをマークした山下選手は7番手でQ1突破を果たしている。続いて午後2時50分からはQ1B組のアタックがスタート。コースに向かった中山選手が、アウトラップを終えて翌周ピットイン。微調整等の作業を行い、いよいよアタックへと向かうと計測2周目のアタックで自身のベストラップとなる1分34秒168をマークしたが、ポジションは10番手。残念ながらQ2へと駒を進めることができなかった。

迎えたQ2。A組に出走した山下選手はガレージ前にクルマを出してしばし待機。残り5分になってピットを離れ、アウトラップに向かう。チェッカーが出る中、アタックラップに挑んだ山下選手は自己ベストタイム1分32秒415をマークし、4番手へとジャンプアップ! Q2突破を果たしたと思われたが……。その後、山下選手のベストタイムをわずか1000分の9秒上回ったライバルに逆転され、5番手に。結果、惜しくもQ3進出が叶わずに予選アタックを終えた。

全予選セッションを終えてKONDO RACINGの2台は、山下選手が10位、中山選手は19位に。明日の決勝では、それぞれがベストパフォーマンスを目指して追い上げを狙う。

公式予選記録

Pos. No. TEAM DRIVER Q1 Q2 Q3
1 16 TEAM MUGEN 野尻智紀 1’31.336 1’31.110 R1’31.073
2 19 carenex TEAM IMPUL 関口雄飛 1’32.596 1’31.532 1’31.318
3 51 B-Max Racing Team 松下信治 1’32.410 1’31.734 1’31.371
10 3 KONDO RACING 山下健太 1’33.088 1’32.415
19 4 KONDO RACING 中山雄一 1’34.168

参加台数:19台 出走台数:19台

二日目 決勝(8月29日・雲り/ドライ)

決勝レポート

もてぎ初戦は、厳しいレース内容に

予選日のような強い日差しが身を潜め、上空にはうっすらと雲が広がったツインリンクもてぎ。全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の決勝を迎えた8月29日は、蒸し暑さは残るもののしのぎやすいコンディションの下で35周にわたる戦いを繰り広げた。その中で、KONDO RACINGでは3号車山下健太選手が10番手、また4号車中山雄一選手が19番手からスタートを切るも、存分なパフォーマンス発揮には至らず。厳しい結果に甘んじた。

前日、夜になって本降りの雨に見舞われたもてぎ。幸い決勝日は雨もすっかり上がっており、午前9時から始まった30分間のフリー走行でセッティング確認を始めた山下、中山両選手は決勝でのパフォーマンス向上に向け、時間ある限り煮詰めの作業を繰り返した。なおセッション終盤、パラパラと雨が落ちはじめ、ウェット宣言も出されたが、大きく崩れることなくそのまま走行を終了している。

午後2時、気温31度、路面温度36度の中、35周の戦いが幕を開ける。オープニングラップのV字コーナーで中団グループにいた5号車が体勢を崩し、多重接触が発生。山下選手はすでに8番手に浮上しており、また中山選手はこれを機にポジションを14番手へと引き上げる。なお、この状況を受けてコース上にはセーフティカーが導入され、停止車両の回収等の作業が行われた。レースは4周終了時点でリスタート、山下選手は6周目に15号車をパスして7位に浮上。後方車両との攻防戦を気にかけながら自身のポジションアップに努める。一方の中山選手も15番手から周回を重ねていった。

レースは10周を終え、ルーティンのタイヤ交換が可能となったことから、まず山下選手がピットイン。抜きどころが少なく、また僅差の戦いになるとラップタイムが伸びないもてぎのコース特性を考慮し、チームは決戦前から戦略として早めのタイミングでピットインの実施を計画していた。山下選手は、待ち構えたスタッフのすばやい作業で交換を終え、コースに復帰。翌周には中山選手も続き、タイヤ交換を行っている。フレッシュタイヤに熱が入り、ラップタイムが安定しはじめた12周目。山下選手がドライブスルーペナルティを消化するためにピット前を通過する。11周目走行中に提示されたペナルティだが、これはオープニングラップのV字コーナーで発生したアクシデントに起因するもので、この際、戦列を離れることになった5号車は山下選手との接触で挙動を乱してハーフスピン、加えてその後方の多重接触を招いたとされた。なお、実のところ後方の一件には、行き場が確保できず減速を強いられた中山選手の他車への接触も含まれていた。いずれにせよ、ポジションアップを狙ってスタートを決めていた山下選手にとっては残念な裁定となり、また、接触によってポジションを上げられなかった中山選手にとっても悔しいオープニングラップだったといえる。

タイヤ交換後は14番手で周回を始めた中山選手、そしてペナルティ消化により16番手までポジションを落とした山下選手。ともに後方から厳しい状況を突きつけられることになったが、そんな中でも山下選手は前後車両のライバルよりも速いラップタイムを刻み、攻めの走りを見せ続けた。また、中山選手も後方に迫るライバルとの僅差の戦いを凌ぎながら周回を重ねていく。残り10周を切る頃になると山下選手は前方との差を着実に削り取り、その差は1秒前後まで縮まってくる。だがもてぎのコースレイアウトゆえ、差が縮まるとタイムが伸びず、また抜きどころも確保できず、という悪循環。結局、前方に詰め寄るまでできたものの、逆転には至らずレースは終了。山下選手のふたつ前を走っていた中山選手も終盤は防戦一方に甘んじた。

躍進を狙ったKONDO RACINGだが、中山選手が13位、山下選手が15位に終わり、思いもしない厳しいレースウィークとなった今大会。続く第6戦も同じもてぎが舞台となるだけに、なんとしても不調の原因究明に尽力し、現状を打破することで面目躍如を果たしたい。

決勝結果

Pos. No. TEAM DRIVER TIME/DIFF LAPS Best Time
1 16 TEAM MUGEN 野尻智紀 59’07.562 35 1’34.225
2 19 carenex TEAM IMPUL 関口雄飛 1.038 35 1’34.012
3 51 B-Max Racing Team 松下信治 3.682 35 1’34.120
13 4 KONDO RACING 中山雄一 54.956 35 1’35.601
15 3 KONDO RACING 山下健太 56.527 35 1’34.860

参加台数:19台 出走台数:19台
規定周回数 35Laps

FASTEST LAP

No. TEAM LAPTIME
19 Yuhi Sekiguchi / carenex TEAM IMPUL 1’34.012

PHOTOギャラリー

Loading...