RACE REPORT

SUPER FORMULA

ファンクラブ会員の方は、ログインすると監督、ドライバー、エンジニアのコメント、またPhotoギャラリーにて多数の写真をご覧いただけます。KONDO RACING ファンクラブ登録はこちら

第7戦 鈴鹿サーキット

一日目 予選(10月30日・晴れ/ドライ)

予選レポート

今季最後の予選、手応えを掴んだアタックとなる

10月30日、三重・鈴鹿サーキットにおいて全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦の予選が行われた。今シーズン最終戦の戦いということもあり、ドライバーはもちろんKONDO RACINGとして集大成の戦いを見せるべく、予選から好成績を狙うべく意気込んだ。結果、3号車山下健太選手は11番手、一方、復帰2戦目の4号車サッシャ・フェネストラズ選手は8番手につけている。

国内の緊急事態宣言等が解除され、規制緩和も進む中で迎える最終戦。舞台となる鈴鹿サーキットはまさに小春日和の天気となり、穏やかな日差しに恵まれる。ファンにとっては絶好のレース観戦日和になる中、午前8時50分から1時間30分にわたるフリー走行が行われ、KONDO RACINGでは、早々に山下選手がこのセッションの自己ベストタイムとなる1分38秒139をマーク。手応えある滑り出しを見せた。一方、フェネストラズ選手のベストタイムは1分38秒480。セッション終盤にニュータイヤでのアタックシミュレーションでもこのタイムに肉薄するタイムをマークすることに。結果、山下選手は8番手、フェネストラズ選手は15番手でセッションを終了。予選に向け、さらにセットアップ作業に勤しむこととなった。

ノックアウト予選は午後1時50分にQ1・A組がスタートを迎える。午前のセッションから路面温度が6度ほど上昇。気温21度、路面温度30度の中でセッションが始まった。一方、この時期としては珍しく1コーナー方向からの風が吹くコンディションとなり、各車セッティングに調整を加えながらのアタックを行った。まず、Q1・A組に出走したのは、フェネストラズ選手。アウトラップからそのままピットインし、ピットでの作業を済ませて再度コースに向かった。まずアウトラップではじっくりとタイヤに熱を入れ、計測2周目をアタックラップに充てると、1分37秒866のタイムを刻む。結果、5番手でQ1突破を達成し、Q2へと駒を進めた。一方、B組出走となった山下選手。フェネストラズ選手同様のアプローチを行ない、計測2周目のアタックラップで1分37秒866をマーク。同じく5番手でQ2進出を果たしている。

迎えたQ2。Q1の10分間アタックからQ2は7分間と短くなるため、Q1のようなピットアウトーピットインは行わず、まずは各車揃ってピット前で待機。ほどなくしてタイミングを見計らってコースへと向かった。A組アタックのフェネストラズ選手は、4番手となる1分37秒796をマークしてQ3へと進出。一方でB組に出走した山下選手はQ1からセッティングを調整してコースへ。ワンラップアタックで1分37秒654をマークしたものの、6番手に。惜しくもQ3進出が可能となる上位4台に残れず、ここでアタックを終えることになった。

最終予選Q3は午後2時54分にスタート。今回も7分間での勝負となる。他の7台のライバルとともにコースへと向かったフェネストラズ選手だが、他の選手と異なるアプローチで予選に挑んでおり、すでに持ち込みのニュータイヤをすべて装着した状態。このため、ただひとりユーズドタイヤでのアタックとなった。結果、ライバルよりもタイムを伸ばすことが難しい状況となり、1分38秒279のタイムで8番手に留まった。しかしながら、復帰後2戦目にして攻めのアタックを見せたことにより、チームの士気が高まったことは言うまでもない。

シーズン最後の決戦は、日曜日午後2時に号砲。30周の戦いで、KONDO RACINGのふたりが見せるパフォーマンスに期待したい。

公式予選記録

Pos. No. TEAM DRIVER Q1 Q2 Q3
1 51 B-Max Racing Team 松下信治 1’37.846 1’37.031 1’36.717
2 64 TCS NAKAJIMA RACING 大湯都史樹 1’37.513 1’36.752 1’36.901
3 5 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 福住仁嶺 1’37.723 1’37.269 1’36.933
8 4 KONDO RACING サッシャ・フェネストラズ 1’37.869 1’37.796 1’38.279
11 3 KONDO RACING 山下健太 1’37.866 1’37.654

参加台数:19台 出走台数:19台

二日目 決勝(10月31日・晴れ/ドライ)

決勝レポート

今シーズン集大成の戦いは、2台揃って入賞!

シーズン最終戦の決勝レースを迎えた鈴鹿サーキット。朝はウェットコンディションの中でフリー走行2回目が行われたが、午後2時からの決勝を前に、天候はどんどん回復。30周のファイナルレースはドライコンディションでの戦いが可能となった。KONDO RACINGの3号車山下健太選手は11位からスタートし、6位でチェッカー。また、8番手スタートのサッシャ・フェネストラズ選手は7位となり、2台揃って入賞を飾る形で最終戦を終えている。

決勝日の朝は天候が一転。2回目のフリー走行は雨のスタートとなる。足元にはウェットタイヤが装着され、セッションが始まったものの、走行を続けるにはまだコース上の水の量が十分とは言えない状況。だが、30分のセッション終盤になると雨がしっかりと降り出すなど、不安定なコンディションの中で午後の決勝に向けて準備を進めることを強いられた。なお、このセッションでのKONDO RACINGは、3号車山下選手が11番手、4号車サッシャ・フェネストラズ選手が12番手となっている。

決勝グリッドに整列した全19台。足元には追加供給された新しいスリックタイヤが装着されている。朝はウェットコンディションの不安定な状況だったが、薄曇りながら決勝前にはドライへと回復、ドライコンディションでの決戦を迎えた。気温21度、路面温度25度と前日よりやや温度が下がる中、フォーメーションラップが始まったが、なんと西コースあたりで再び雨が確認され、この先の天候が気になる中でのスタートとなった。

フェネストラズ選手、山下選手とも好スタートを切りってポジションアップのチャンスを伺う一方で、上位陣も激しい攻防戦を展開。まず、オープニングラップはフェネストラズ選手が8位をキープ、山下選手は10位へと順位を上げる。その後、2周目にはウェット宣言が出されたが、幸い天候は崩れることなくその後はすっかり回復した。

レースは、フェネストラズ選手が前方の6号車と抜きつ抜かれつのポジション争いを繰り広げ、また山下選手は2周目に37号車を逆転。9位で不安定な路面に細心の注意を払いつつ、周回を続けていくことになる。その後、レースではトップ51号車にジャンプスタートのペナルティが出たり、スタート直後のバトルによる接触を受けてのペナルティを受ける車両が出るなど、慌ただしい展開へと形を変えていく。一方、ルーティンのピットインは山下選手が10周終了時に、またフェネストラズ選手はその翌周、11周を終えて実施。ともに多くのクルマが同時ピットインを行ったため、ピットが騒然となった。その中でフェネストラズ選手は作業にやや時間を取られてしまったこともあり、逆にスムーズな作業でコースに復帰を果たした山下選手が、フェネストラズ選手の前に出ることに成功する。

今回、最後の車両がルーティンワークを終えたのが残り3周という遅いタイミングとなったが、タイヤ交換後の山下選手は6位、またフェネストラズ選手は7位で順調に周回を重ね、安定したペースを刻んでいった。中でも山下選手は9秒近くあった前方車両との差を着実に縮め、最後は6秒前半まで追い詰める走りを披露。また、フェネストラズ選手も復帰わずか2戦ながら、ミスなく攻めの走りを見せ続けた。最終的に、ふたりとも中盤以降はポジションアップの好機に恵まれることはなかったが、今シーズンを締めくくる戦いとして、手応えを得る形でチェッカーを受けている。今回、2台がともに入賞を果たしたことで、来シーズンへの取り組みはじめさまざまな要素においていい流れを呼び込むことへとつながったはず。シーズンオフのテストを精力的に行うことで、来シーズンこそしっかりと上昇気流に乗って力強い戦いを目指していく。

決勝結果

Pos. No. TEAM DRIVER TIME/DIFF LAPS Best Time
1 5 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 福住仁嶺 51’37.552 30 1’41.234
2 20 carenex TEAM IMPUL 平川 亮 1.316 30 1’40.652
3 16 TEAM MUGEN 野尻智紀 8.709 30 1’40.637
6 3 KONDO RACING 山下健太 32.990 30 1’41.681
7 4 KONDO RACING サッシャ・フェネストラズ 37.330 30 1’41.725

参加台数:19台 出走台数:19台
規定周回数 30Laps

FASTEST LAP

No. TEAM LAPTIME
16 Tomoki Nojiri / TEAM MUGEN 1’40.637

PHOTOギャラリー

Loading...