RACE REPORT

SUPER GT GT300

ファンクラブ会員の方は、ログインすると監督、ドライバー、エンジニアのコメント、またPhotoギャラリーにて多数の写真をご覧いただけます。KONDO RACING ファンクラブ登録はこちら

第6戦 オートポリス

一日目 予選(10月23日・曇/ドライ)

予選レポート

100㎏のウエイトハンディに苦戦を強いられ予選18位に留まる

2021年スーパーGTシリーズ第6戦オートポリスは、大会直前での阿蘇山の噴火の影響が心配されたが、10月23日、24日に予定通り開催された。昨シーズンは新型コロナウイルス感染拡大防止対策によってオートポリスでの開催が見送られた為、2年ぶりの九州での開催となった。第5戦菅生大会にて3位表彰台を飾り、シリーズランキング2位につけている56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rは、サクセスウエイト100Kgを搭載する条件下で、2連覇に向けてシリーズポイントを少しでも獲得するべくオートポリス大会に挑んだ。今大会、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日産自動車大学校の学生の参加は見送られたが、日産販売会社のテクニカルスタッフ3名が参加し、レースウィークをチームメカニックと共に過ごした。

10月23日土曜日は、気持ちの良い秋晴れの中、9時15分から公式練習が行われた。56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rは、サクセスウエイト100KgとFIA-GT3車両の性能調整(BoP)の影響もあり、16番手となる1分44秒623のタイムで午前中のセッションを終えた。

公式予選Q1 は、13時40分から気温14度、路面温度26度の中、2グループに分かれて行われた。Q1 B組の56号車には、オリベイラ選手がマシンに乗り込み、Q1通過条件の上位8台以内を目標にアタックした。結果、惜しくも約0.08秒差で9番手に留まり、Q1で予選を終えることとなり、明日の決勝レースは18番手からスタートする事となった。

公式予選記録

Pos. No. TEAM DRIVER Q1 Q2 SW
1 31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 嵯峨 宏紀
中山 友貴
1’42.687 1’42.039 R
2 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人
山内 英輝
1’42.869 1’42.316 R 100
3 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田 広樹
川合 孝汰
1’42.752 1’42.727 66
18 56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R 藤波 清斗
J.P.デ・オリベイラ
1’43.791 100

Q1 A組 開始:13:55’00 終了:14:05’00
Q1 B組 開始:14:13’00 終了:14:23’00
Q2 開始:14:48’00 終了:14:58’00

二日目 決勝(10月24日・晴れ/ドライ)

決勝レポート

果敢な走りを見せつけ11番手でレースを終える

10月24日は、前日よりも肌寒い気温14度、路面温度は19度の中、13時30分、65周にわたる決勝レースが行われた。

18位スタートの56号車 リアライズ日産自動車大学校GT-Rは、藤波選手がスタートドライバーを務め、オープニングラップでポジションアップに成功し16位で周回を重ねた。その後も藤波選手は、上位の車両を次々とオーバーテイクしていき、7周目には12位まで浮上した。8周目、GT300クラスの22号車のクラッシュによりフルコースイエローが出され、その翌周にセーフティーカーが導入。レースは、16周目にリスタートされたが、翌周の17周目にGT300クラス同士のクラッシュにより、2度目のセーフティーカーが導入されることになった。23周目、2度目のリスタートが切られると同時に多くの車両がピットインをしたが、56号車はコース上に留まり、好タイムで周回を重ねていった。

そして30周目、56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rは、ルーティンワークの為、ピットインを遂行。チームは、メカニックによる迅速な作業でコース上へ戻したいところだが、左前のタイヤ交換作業でのアクシデントが発生。更には、アウトラップの1コーナーでコースアウトしたことにより、ポジションダウンを喫することに。37周目時点で、23位を走行する56号車リアライズ日産自動車大学校GT-RのJPオリベイラ選手は、果敢な走りを披露し、 42周目には17位、51周目には14位と次々とオーバーテイクに成功。

結果、56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rは11位でチェッカーを受け、ポイント圏内までは一歩及ばなかったものの大健闘の走りを見せた。ポイントランキングは、トップと12ポイント差となったが、ランキングとしては2位で残り2戦を迎えることとなった。

次戦、スーパーGTシリーズ第7戦は、 11月6~7日に今シーズン2度目の開催となるツインリンクもてぎで開催される。

決勝結果

Pos. No. TEAM DRIVER TIME/DIFF LAPS SW
1 31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 嵯峨 宏紀
中山 友貴
2:04’54.908 61
2 96 K-tunes RC F GT3 新田 守男
阪口 晴南
10.946 61 24
3 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人
山内 英輝
16.98 61 100
11 56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R 藤波 清斗
J.P.デ・オリベイラ
1’21.218 61 100

ファステストラップ : 1’44.481 No.31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/中山 友貴
黒白旗提示 No.87 坂口夏月 No.55 佐藤蓮

No. TEAM LAPTIME
31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 1’44.481

PHOTOギャラリー

Loading...