TEAM DIRECTOR

近藤 真彦 PHOTO

近藤 真彦 Masahiko Kondo

生年月日
1964年7月19日
出身地
神奈川県
身長
173cm
体重
58kg
血液型
RH+O型

1984年富士のフレッシュマンレースでデビュー以来、88年から93年まで全日本F3選手権シリーズに参戦、本格的にレーサーとしての活動を開始する。94年には、フランスのル・マン24時間耐久レースに初参戦、この年、全日本GT選手権で初優勝Pole to Winを飾る。 その後、F3000フル参戦、フォーミュラ・ニッポン、ル・マン、GT選手権など芸能活動とともに意欲的にレースへ力を注ぎ、その闘志と精神力を周囲に認めさせる挑戦を続けてきた。

2000年
自らのレーシングチーム、KONDO RACINGを結成、フォーミュラ・ニッポンに参戦。
チームオーナー兼監督兼ドライバーという、3役をひとりでこなす。
2000年
後輩ドライバーにその夢を託し、監督として新たな分野へ挑戦。その統率力は見事に監督1年目にしてチームランキング5位、ドライバーズランキング3位を獲得する。
またレーサーとしては全日本GT選手権で元F1ドライバー片山右京氏とペアを組み、話題性の高い注目の新チームで参戦、ポールポジションを獲得した。
2002年
監督、GTレーサー、さらにKONDO RACINGとして自ら監督・ファーストドライバーを務めフランスのル・マン24時間レースにも参戦する。
2003年
フォーミュラ・ニッポンに加え、ル・マン24時間レースに参戦し、13位完走を果す。
2004年
新パートナーイエローハットを迎えフォーミュラ・ニッポン、GT選手権とル・マン、スーパー耐久、フォーミュラトヨタなど幅広くモータースポーツに従事する。
2005年
フォーミュラ・ニッポンに2名のルーキーを起用し、新しい風を送り込む。
ルーキーにして表彰台を獲得、彼らの活躍により周囲への影響も与えるチームへと成長させた。
2006年
念願のスーパーGTシリーズ GT500クラスに日産勢の一員としてKONDO RACING初参戦を果たし、フォーミュラ・ニッポンとともに、日本の両トップカテゴリーに参戦するチームに導いた。
2007年
スーパーGT第4戦マレーシアにて、待望の初優勝を遂げる。
2008年
スーパーGT第4戦マレーシア大会においてV2を獲得。フォーミュラ・ニッポンでは第7戦富士スピードウェイにて、2000年の参戦以来、悲願の初優勝を遂げた。
2009年
スーパーGT開幕戦岡山国際サーキットにて国内初優勝を飾る。
2010年
スーパーGT開幕戦鈴鹿サーキットにて開幕戦V2を獲得。また、2009年苦渋の決断で活動を休止した、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに第4戦ツインリンクもてぎより復帰を果たす。
2011年
スーパーGTシリーズ及び全日本選手権フォーミュラ・ニッポンシリーズに継続参戦。
2012年
スーパーGT、フォーミュラ・ニッポンに加え、若者の教育プログラムの一 環としてスーパー耐久シリーズに日産自動車大学校とのジョイントにより日産GT-RGT3で参戦スタート。 国内3大カテゴリー全てにチャレンジとなった。
2013年
スーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久シリーズの3カテゴリーに継続参戦。
2014年
スーパーGT第7戦では、初開催となるタイのサーキットにて2位を獲得。
スーパーフォーミュラ開幕戦の鈴鹿サーキットにおいても2位を獲得した。
2015年
スーパーGT第4戦 富士において優勝。
2016年
スーパーGT 第3戦代替もてぎ・第4戦菅生にて優勝を飾り、初のシーズン2勝を達成。
スーパー耐久シリーズでは、念願のシリーズチャンピオンに輝く。(優勝4回/表彰台6回)
2017年
スーパーGT参戦 初のポールポジションを獲得。(第6戦鈴鹿)
スーパーフォーミュラでは第4戦もてぎ・第6戦菅生にてポールポジションを獲得。
スーパー耐久シリーズ第1戦もてぎ、第2戦菅生で優勝を果たす。
2018年
スーパーフォーミュラ参戦19年目にして初のチームチャンピオンを獲得。(優勝1回/表彰台5回)
スーパー耐久シリーズ第4戦オートポリス、第6戦岡山にて優勝を飾る。
2019年
スーパーフォーミュラ第2戦オートポリスでポールポジション、第6戦岡山で優勝を飾る。
日産自動車大学校とのジョイントで7年間参戦してきたスーパー耐久から新たに日産自動車及び日産販売会社もプロジェクトチームに加わり、スーパーGT GT300クラスへとステップアップ。
第2戦富士でポールポジション、第4戦タイで2位表彰台を獲得。
KONDO RACINGの新たなチャレンジとして、ニュルブルクリンク24時間レースへNISSAN GT-R NISMO GT3で参戦。日本車の中で最上位の総合9位/SP9クラス8位(総出場台数160台)で完走を果たす。
2020年
スーパーGT GT300クラス参戦2年目にして、念願のシリーズチャンピオン獲得。(優勝2回/表彰台3回)
スーパーフォーミュラ開幕戦もてぎで、2台揃って表彰台を獲得。

RACE HISTORY

1988~1993年
全日本F3選手権シリーズ参戦 本格的レース活動を開始
1994年
ル・マン24時間耐久レース初参戦、
全日本GT選手権 第3戦(初優勝 Pole to WIN)、第5戦(3位)
1995年
全日本F3000フル参戦、全日本GT選手権フル参戦 第5戦(優勝)、
ル・マン24時間耐久レース(10位)
1996年
フォーミュラ・ニッポン参戦(シリーズ17位)、全日本GT選手権参戦
1997年
フォーミュラ・ニッポン参戦、全日本GT選手権参戦
1998年
フォーミュラ・ニッポン参戦、全日本GT選手権参戦
1999年
フォーミュラ・ニッポン第1,2,3戦、全日本GT選手権参戦、十勝24時間レース優勝、
鈴鹿1000kmレース(3位)、参戦120戦達成
2000年
KONDO RACINGを設立し、オーナー、監督、ドライバーとして全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン参戦、全日本GT選手権参戦、ル・マン 24時間レース参戦(8位)
2001年
全日本選手権フォーミュラ・ニッポンでは監督に専任。立川祐路・金石勝智を起用し、チームランキング5位、全日本GT選手権参戦、ル・マン 24時間レース参戦
2002年
全日本GT選手権参戦、ル・マン 24時間レース参戦
2003年
ル・マン 24時間レース参戦 13位完走
2004年
鈴鹿1000Km耐久レース参戦
2006年
十勝24時間レース参戦(クラス3位)
2007年
十勝24時間レース参戦(クラス優勝)
2008年
十勝24時間レース参戦(クラス優勝)
Loading...